-vague-

aloneload.exblog.jp ブログトップ

過去・現在・未来

予感が、した。


遠く絶望の地で

人々を守る為に

人々の嘲笑を受けながら

人々の建前だけの援護を受けながら

助けを求める事も許されず

逃走も、戦闘の放棄も許されず

勝ち目の無い戦いに勝つ為に、

何度も死にながら

血塗れになって尚、

聖剣を振り続けている彼の英雄は


少し未来の、僕だった。


あんな酷い場所で

あんな酷い理由で

あんな酷い戦いを強要されているのは


少し未来の、僕だった。


僕だった!

あぁ。

また死んだ。

『あの英雄、お前と同姓同名だってよ?』

あの日のバカ話も、今になれば確信に変わる。

同姓同名じゃない。

今死んでそして甦ったのは、少し未来の、自分。


頑張れ!

鼓動が、跳ねた。


頑張れ!

想いはすんなりと出た。

そして届けよ。


分かるかい、未来の僕。

今、過去の君が、君の味方になる。

君は助けを求められないから、

僕が君を助ける!


英雄は聖剣に選ばれるという。

ならば、

聖剣に選ばれるという事は、こういう事だ!


少年の背に、光の翼が煌き広がる。

制御なんか知るか!!

それはまるで絶望の様に、どうしようも無く希望に満ち充ちていた。
[PR]
by aloneload | 2012-09-02 00:00 | 去在来 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite