-vague-

aloneload.exblog.jp ブログトップ

パンドラの箱

様々な災厄が飛び出し、そして最後には希望が残された。

様々な災厄が飛び出し、しかし希望は出る事が出来なかった。

様々な災厄が飛び出し、残されたとされる希望は、実は嘘だった。

残された希望を期待するが為に、人々は苦しまなければならなくなった。



"残された It "は日本語では無く、そして複数の意味を持つモノだった。

"飛び出した It "すら幸福、あるいは予兆だったのかもしれない。

"入れ物"すら本当に箱だったのか壺だったのかヒトだったのか、定かでは無い。

真実は神ですら知らない。

なぜならそれはそのコトバを用いたヒトだけの真実だから。

全知全能は既に崩れている。


そして私は繰り返す。

その It の正体を決定するのは私であり、貴方であると。

この世界が私達で無く、私であり貴方である世界で在るが為に。

この世界に意味を与え構築してきた、私であり貴方で在るが為に。
[PR]
by aloneload | 2012-09-18 00:00 | 諸々 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite