-vague-

aloneload.exblog.jp ブログトップ

行間の読み合い

ニブルやSD4、アビスなんかに狩りに出てたりもしますが
今回書きたい事は、それらとはまた違いまして。


近所の仲良しギルドがブレイクしました。


身内ネタと言えば身内ネタなのでここに詳しくは記しませんが
ブレイクに行き着くまでの経緯も、最終的な理由も、割と"よくある"型であり
私の想像に難くない展開通りの流れで、静かに崩れ去って行きました。



・・やっぱり悲しい物ですね。
似た流れを何度も見てきたからでしょうか。

そのギルドに私は所属していなかったので、完全に部外者の身なのですが
"私なら食い止める事ができたかも"という、お節介の極みの様な思考が燻ります。


「人の群れを天秤と見るか塔と見るか」とは私の言葉ですが

マスターさんの様に「天秤」だと表現するのなら、例えマイナスに振り切ってしまったとしても
重すぎた分銅を取り除いてしまえば、やがて吊りあいは元に戻るのでしょう。

しかし、それがもし塔であった場合はどうでしょうか。
一度崩れてしまえば、最早それは容易に修復する事などできません。


"崩した責"を背負う者はその土地を追われ、それを慕う者も後を追い

"崩させた責"を背負いきれない者もまた、その土地を離れる物です。


崩れかけた斜塔はとても神秘的で、多くの人の心に焼き付きました。
しかし
果たして今回の一件で、私たちは一体何人の仲間を失ったのか。


今後の展開は神のみぞ知る所ですが・・・



どうか、再びあの子が心から笑える日が、早く来ます様に。


そんな、嫁様の嫉妬を買いそうな事を
ひっそりと願ってしまうのでした。



―正直に言うと、あのギルドはまだ存続する物だと思っていました。

あの「話し合い」を最後の「警告」として・・
・・要するに「脅す」事で、改めて皆の忠誠心と協力を得て
再起を図っていたのではないか、と感じるのです。


しかし、思いの他メンバー側の諦めが早く
中には新たなギルドを作ろうと張り切っている者まで居た。


解釈の違い、意地の張り合いから招かれた結果
とも取れる気がしてしまいます。

それが余計に悲しいですね。


俺がギルドBBSに書き込んだ事は
何も「マスターさんにだけ向けた言葉」では無かったんだけどな。


部外者らしく、ギルドメンバー全員に対して物を言ったつもりでした。

「諦める事を、潔いと誉める事はできません」と。


今となっては何を言っても仕方が無いけれど

ゆっくり寝て起きて、今後の展開を見守る事にしましょう。
[PR]
by aloneload | 2008-10-18 00:00 | Comments(3)
Commented by 諦めの悪い人 at 2008-10-19 10:50 x
しつこいとそれはそれで醜いものです(ぁ
自分はよくても、他人にそれをさせるのは覚悟がいります、はい。
Commented by さゆり at 2008-10-19 23:26 x
あまり嫉妬させるといけないですよー。
('ω'*)アハ♪
Commented by aloneload at 2008-10-28 10:39
諦ry>
"醜くない程度の諦めの悪さ"を見せる奴が
次第に孤立し始めるってのが問題に思えます。
俺が「無力感」に慣れないのも問題かもですが('ω`

サユ>
アイ、サー。
何かと助けてくれてありがとうな(´ω`)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite